大手はすでに終わっている?2020年卒シューカツ戦線

WORKAL運営事務局ニュース

6月に2020年卒対象の会社説明会、解禁!でも、すでに終了?

2020年に大学を卒業される方を対象に、2019年6月1日より企業の採用選考がスタートとしました。

しかし、この時点で既に「内々定」、あるいは「内定」を保有している学生がおり、「シューカツ」を終えている方もいます。一体、これはどういうことでしょうか?

シューカツ自体が早期化している

少子高齢化により、優秀な人材確保が大手企業にとって急務となっています。そこで、6月のシューカツを利用するのですが、最近は人材確保のため、その一年前よりインターンシップ(職業体験)を募集し、企業と学生(人材)のマッチングを図っています。

学生側も自己分析や、企業・業界研究などができるため、一年前から自分の将来をしっかりと見つめることができる流れができつつあります。そして、3月には各社の採用情報が公開されて、エントリーの受付がスタート、6月に採用選考が解禁となるわけですが、この3ヶ月間の間に内々定や内定が出ているわけです。

「インターンシップ」は大手企業でも学生の間でも現在、常識的な取り組みともなっています。

中小企業はどうすればいいか?

大手企業のシューカツが終了し始めた頃から、中小企業のシューカツが始まるとも言われています。

中小企業は、大手企業よりもさらに優秀な人材の不足が喫緊の経営課題となっており、場合によっては経営の存続すら危ぶまれるケースも最近では増えています。さらに、大手企業のインターンシップ活動で、いわば「青田刈り」の状態になっている上に、大手企業とは異なり「知名度」の部分で大きく水を開けられてしまいがちです。

しかし、中小企業と言えども、実績や技術という面では大手企業に引けを取らない、むしろ群を抜いている場合もあります。 その部分を学生にしっかりと伝えていくことが必要です。

実績などを会社案内や自社サイトに載せると思いますが、グラフや図表、あるいはイラストなど一工夫して分かりやすく伝えることが重要です。専門用語や業界情報などを伝える際には特に注意が必要です。

また、大手企業が行っているインターンシップ制度を導入してみるのもいいかもしれません。インターンシップがきっかけで、企業への理解が深まり、優秀な人材の確保に結びつくかもしれません。「ウチは大手じゃないから…」と尻込みするのではなく、大手じゃないからこその「小回り」「柔軟さ」はあるはずですので、中小企業としてのメリットを採用活動に生かしていきましょう。

中小企業ならではの魅力を伝えましょう

 大手企業のシューカツがほぼ終了したとは言え、優秀な人材はまだまだ残っています。大手企業では実現できないような夢や目標を持っている学生もいるはずです。そのような「原石」をみつけるためにも、大手企業にはない中小企業ならではの魅力を伝えいき、自社の発展に寄与できる優秀な人材の確保に努めていきましょう。

全ての企業情報・詳細はアプリでご覧いただけます。
今すぐはじめる!!
無料アプリダウンロード