企業詳細

徳野会計事務所

コンサルタント・金融・不動産専門職 大阪市北区

理念

わかりやすい会計・税務サービスを提供することで中小企業に貢献しよう

徳野会計事務所は、当時31歳の若手税理士が「わかりやすい会計・税務サービスを提供することで中小企業に貢献しよう」とのコンセプトで2001年7月に東大阪で開業しました。 開業当時は会計ソフト導入のお手伝いをさせていただくことを中心業務にしていましたが、経営者にわかりやすく数字の説明をするために、「社長の通信簿」を導入し、経営者の決断に役立つ情報をご提供しております。 人財採用上のメリットを求めて2008年12月に南森町へ移転しました。さらに応接スペースの充実を図って2016年9月に現在のサウスホレストビルへ移転を行い現在運営しております。

理念イメージ画像

こんなお仕事をしています

打ち合わせ室です。 快適な空間の中、会社の未来についてお話しします。

・会計・税務関係の相談
・経営上の相談
・税法改正等の情報提供
・決算予想および対策

メディア

2018年05月16日 学生企業インタビュー 徳野会計事務所
いい会計事務所の条件とは?会計の力で経営者を元気に!!
中橋:こんにちは!春休みも終わり、新学期始まりましたね。早いもので僕も大学4年生になりました。授業受けたり、友達と話した…
この企業の記事を探す

企業PR

会計のお仕事

税理士の仕事のベースは、もちろん税です。複雑な税制のプロとしてお客様の代わりに税務申告書を作成する、ということです。 また、その税務申告書は決算書があってこそです。決算書は月々の試算表の積み重ねですし、試算表は日々の1件1件の経理処理の積み重ねです。 一方、経営者は日々経営判断の連続です。 「人を採用するか」「広告宣伝費、あと300万突っ込むか」「新規の取引先候補のX社、社長がちょっと胡散臭く感じるが取引するかどうか」「古い機械を1000万かけて新しいものに入れ替えるかどうか」等々。 その経営判断をするのに年に1度の決算書を参考にする経営者はいません。 月次の試算表を頼りにします。 それだけに、経営判断の材料として役立てていただけるように、 1 正確な試算表をタイムリーに作成していただくお手伝いをすること 2 出来上がった試算表から読み取れる情報を様々な加工を施してわかりやすくご説明すること (⇒これが「社長の通信簿」です) この2点が何より大事だと考えています。社長の通信簿の内容を経営者様にご説明しますと、「ほほ~、そういうことか」「なるほど、そういう見方をしたらいいんや」「ということは、この数字を追いかけといたらいいねんな」というような言葉をいただいたり「今回の投資はちょっと見送っとくわ」というような経営判断の結論をおっしゃっていただいたりします。 社長お1人の会社であっても、1万人の会社であっても、トップは常に経営判断をしています。それはとても孤独な判断です。我々税理士は、孤独な経営者様にとって常に味方であり、経営者様が実現したい夢の一番の応援団でありたいと思っています。 そういう意味では、求める新入社員像としては、「今、何が出来るか」「今、どんな資格があるか」ではなく、「経営者様の役に立ちたい」「そのために努力を惜しまない」そんな感覚を持っている探求心旺盛でエネルギッシュな人が理想です。 現在経営者様から頼りにしていただいている弊社担当者は、入社時点では業界未経験者がほとんどです。

会社概要

会社名
徳野会計事務所
業種
コンサルタント・金融・不動産専門職
本社
〒 530-0054
大阪府大阪市北区南森町1-4-19サウスホレストビル 9F
代表者
徳野 文朗
設立
2001年07月15日
HP
http://www.ft-tax.com/
加入団体
近畿税理士会 北支部
全ての企業情報・詳細はアプリでご覧いただけます。
今すぐはじめる!!
無料アプリダウンロード